痛風の原因はアルコールに問題があった?!

痛風の患者さんから「お酒を先生から止められている」というお話を、良く耳にします。

確かに、痛風患者にとって、お酒は厳禁とされています。

果たして、アルコールは痛風とどんな関係にあるのでしょうか?

痛風の原因の尿酸を作り出しているのは、プリン体という物質です。

このプリン体、ほとんどの食べ物に含まれていますが、もちろんアルコール類にも多く含まれています。

特に、ビールに多く含まれており、更にはビール自体のカロリーも高め。

お酒のお供であるおつまみは、それだけで塩分やカロリーが高い物が多く、お酒の食欲増進効果も相まって、肥満の大きな原因にもなってしまうのです。

更に、アルコールは体内で分解する際に、尿酸が作られる性質を持っています。

アルコールを分解した際に作られた尿酸は、体内の乳酸の働きにより、体外へ排出する事なく蓄積されてしまいます。

この蓄積された尿酸が、増えすぎてしまうと痛風の原因となってしまうのです。

ビールだけではなく、これはアルコール全般に言える事。

アルコールを分解する時に、尿酸値が高くなってしまう為、痛風にお酒は厳禁なのですね。

痛風にかかるとお酒は一切飲めなくなるのか?

痛風にお酒は厳禁、というお話をしてきました。

病気の要因は元から絶った方がもちろん良いのですが、いきなり我慢しろ、と言われても、実際はそうはいかないものです。

では、大好きなお酒と憎き痛風、どちらとも上手に付き合っていく方法をお話しましょう。

まず、医者からお酒を絶対に飲むな、と言われている方は、やはり大人しく禁酒しましょう。

我慢するストレスよりも、お酒を飲む事の方が害が大きい、と判断された為です。

医者から注意程度で済まされている方は、適量を守る様にしましょう。

飲み過ぎると、尿酸値を上げてしまうアルコールですが、一日にビール2缶程度を飲むであれば、さほど問題はありません。

含まれているプリン体が少ないワインや焼酎、ウイスキーなどに代えてみるのも良いですね。

次に、特にビールを飲む時は、一緒に食べるおつまみに注意をして下さい。

なぜビールが一番懸念されているかというと、肥満の一番の原因になっているからです。

そこで、お勧めなのが、冷奴や海藻・こんにゃくサラダなど、カロリーが低い食品です。

焼き鳥とビールは最高の組み合わせですが、ぐっとこらえて我慢しましょう。

そして、週に最低でも1回は必ず休肝日を作ってあげる事が大切です。