痛風の治療と予防に最も効果的なのは食事療法です。

痛風は、プリン体が尿酸へと変化し、増えすぎる事により起こります。

プリン体は、新陳代謝やエネルギー消費などで体内でも生成されますが、食べる物や飲み物にも含まれているのです。

体外から摂取されたプリン体も、体の中で分解され、尿酸となります。

プリン体が多く含まれる食材を、過剰に摂取し過ぎてしまうと尿酸が多くなるだけでなく、消化のエネルギー使用の際にも尿酸は作られます。

体内と体外からの尿酸の生成によって、更に痛風の危険性が高まってしまうのですね。

その為、痛風の治療・予防には食事療法が大切だと言われているのです。

また、痛風の治療や予防の為には、プリン体が多く含まれている食材を、なるべく摂取しない事が大切ですが、ほとんどの食材にプリン体は含まれているので、全く摂取しない、という事は不可能です。

その為、プリン体を多く含む食材を食べる際は食べ過ぎに気をつけたり、プリン体をあまり含まない食材を積極的に摂取したり、との工夫が大切です。

食事療法が痛風を劇的に改善する理由と原理

痛風の治療には、まず食生活を見直す事が、一番効果的です。

なぜ、食生活を見直す事で、症状が軽減するのかを説明します。

痛風の原因である尿酸は、プリン体が分解される事により生成されます。

このプリン体は、細胞の核が分解されて出来た物質で、体内で生成される他、ほとんどの食材に含まれています。

エネルギー消費などで細胞分裂が盛んになれば、プリン体も多く生成されます。

その上、プリン体が多く含まれてる食材ばかりを食べていると、体内と体外から摂取されたプリン体が分解され、尿酸が増えすぎてしまいます。

そこで、痛風の治療には、食生活の改善が挙げられているのです。

これまで暴飲暴食をしてきたり、ビール等のアルコール類が大好きな方にとっては、とても効果のある治療法です。

特にアルコールは痛風の原因物質を多く含む他、肥満の原因にも繋がります。

問題は尿酸値を下げる事にあり、規則正しい食生活を送っていれば、この尿酸値は通常値に戻ります。

結果、薬に頼らず、食事療法だけで痛風を改善出来るのです。