痛風の治療と予防には運動が効果的

痛風の症状を改善するには、規則正しい生活習慣を送る事が大切です。

その中でも、適度な運動は、症状緩和にとても大きな効果があるのです。

痛風にかかる人は、肥満気味だったり、暴飲暴食などで食生活が乱れている方が多いです。

ここで言う肥満とは、内臓に脂肪が付きやすい人の事を指します。

なので、見た目が太っている・痩せているは、実は関係ありません。

更に現在では、肥満の原因であるメタボリックシンドロームは、痩せ型である方が危険性が高いと言われています。

偏食による粗食で栄養バランスが崩れ、内臓脂肪がつきやすくなっているのが原因です。

そして痛風の原因である尿酸は、通常の健康体の男性よりも、肥満気味の男性の方が値が多いのです。

その為、肥満は痛風や生活習慣病の元とされています。

肥満の元である内臓脂肪は、軽い運動と食事療法を行う事で、割と簡単に落とす事が出来るのです。

運動して肥満を予防する事により、痛風を予防する事にも繋がるのです。

痛風の治療中の運動は避けましょう

適度な運動は、痛風の予防や肥満の予防にとても効果的ですが、治療中の激しい運動は、なるべく避けて下さい。

実は、運動のやり方次第で、痛風の原因となる尿酸値を上げてしまう事にもなりかねないのです。

尿酸は、細胞核であるプリン体が分解される事により作られますが、このプリン体は、新陳代謝やエネルギーを消費した際に、多く生成されます。

激しい運動をすればする程、プリン体を生成し、分解され尿酸へと変化していってしまうのです。

更に、運動をする事により乳酸が溜まりますが、この乳酸が、尿酸を血液中に沈着させてしまう働きを持っているのです。

激しい運動は一時的に尿酸値を上げてしまうので、治療中には適していませんが、ウォーキングなどの有酸素運動は別です。

有酸素運動は尿酸値を上げないのと、痛風患者に多い高血圧症などを改善する働きもあります。

また、運動をした際は、汗をかいていなくても、必ず充分な水分補給を心がけましょう。

治療中は、肥満防止の為だからと言って、無理な運動をする事は避けた方が良いでしょう。

その他の日常の運動方法については、かかりつけの医師と相談の上行なって下さいね。