痛風に適した食材とは?

痛風に適した食材は、なるべくプリン体が少ない食材を選ぶと良いでしょう。

野菜や海藻類などは、含まれるプリン体が非常に少ない為、肥満防止の為にも積積極的に摂取したいですね。

肉類であれば、魚肉ソーセージやコンビーフなどの加工食品や、白米やパン・うどん、鶏卵なども、含まれるプリン体が少ないです。

乳製品にはプリン体が含まれていない為、カルシウムや鉄分、タンパク質を補う分では、かなりの強みになるでしょう。

そして、積極的に摂取して欲しいのが、いちごやブルーベリーなどの果物や野菜です。

尿酸値を下げる効果があると言われています。特に果物や野菜は、積極的に食べていきたい食材ですね。

ただ、プリン体をあまり含まない食材でも、加工食品などを食べ過ぎてしまうと、肥満のリスクや高血圧のリスクも高まってしまいます。

食事は毎日の事ですので痛風を患っている人がいる場合、メニューを考えるのはかなりの負担になります。精神的・肉体的に疲労するとストレスなどが原因で体調を崩しかねません。

そのような事になれば本末転倒ですので、おすすめはプロの管理栄養士が健康に良い栄養のバランスが取れた最適なメニューを宅配してくれるサービスがありますので、それを利用することです。最初は手抜きのような負い目を感じて抵抗があるかもしれませんが、本当に楽になりますよ。

痛風に大丈夫な食材であっても、食べ過ぎる事なく、偏食を避け、何事も適量を心がけるようにしましょう。

なぜ、痛風には野菜や果物が良いのか?

痛風の食事療法で積極的に摂取して欲しいのが、野菜や果物・海藻類です。

確かに、野菜などの食材は、毎日食べる続ける事で、健康にも繋がります。

この野菜や果物が痛風にとって良い食材となるのは、何故なのでしょうか?

痛風の主な原因である尿酸という物質は、アルカリ性~中性によく溶ける性質を持っています。

尿酸を体外へ排出しやすくする為には、アルカリ性の食材を摂取し、尿をアルカリ性に保つ事が必要となって来ます。

野菜や果物・海藻類は、アルカリ性の食品です。

野菜や果物を多く摂取する事により、痛風の原因となる尿酸を体外に排出しやすくなる、という訳です。

また、野菜や果物を摂取する事により、水分補給にも繋がります。

溜まった尿酸を、尿として体外へ排出する事がとても大切なので、水分補給は欠かせません。

できるだけ水分を多く摂るようように心がけましょう。目安としては一日あたり2リットル〜3リットルは飲みたいところです。ジュースやお茶などには糖分やカフェインなどの刺激物が含まれていますので大量に飲むと良くありません。

おすすめは疲れを取る炭酸も入っている「奇跡の水」と呼ばれている炭酸水のペリエです。

果物は痛風に良いのですが、果糖という糖分が含まれています。

自然の糖なのですが、果糖の摂りすぎは肥満にも繋がりますので、痛風に良いからと言って、食べすぎは禁物ですよ。