痛風の主な原因とは?

痛風の主な原因となるものは、やはり不規則な生活習慣にあります。

暴飲暴食や飲酒・喫煙などで肥満気味になったり、運動不足に陥ると、痛風の可能性がとても高くなります。

また、悪い食生活で血中の尿酸が増えてしまうと、こちらも痛風の危険性が高まってしまいます。

元々尿酸は水に溶けにくい性質を持っているのですが、過度の飲酒や肥満傾向にあると、体内の尿酸を排出できず、体にどんどん溜め込んでしまいます。

もちろん、喫煙は血液中の酸素を減らしてしまう為、ドロドロ血液になりやすく、尿酸も排出されずに溜まりやすくなります。

体に悪い、と言われている食事や生活習慣が、一般的になってきているのも、痛風の原因の一つになっています。

痛風は、一昔前までは珍しい病気でした。

現代で痛風が一般的になってきている訳は、日本人の食生活の欧米化が原因だと言われています。

欧米食は、尿酸の原因とされるプリン体を多く含む食材が多いのと、肥満の原因にもなりますので、あまり好んで食べるのは避けた方が賢明です。

他にもあった、痛風の引き金とされる原因とは?

痛風は、尿酸の溜まり過ぎが一番の原因でした。

尿酸は、不規則な食生活や生活を繰り返していると、どんどん体に溜まっていく厄介な物質。

ですが、他にも痛風になる原因があったのです。

それは、ストレスによる身体機能の低下によるもの。

ストレスを受ける事により、ホルモンバランスが崩れると、痛風の原因である尿酸が、上手に排出できなくなるそうです。

現代のストレス社会を目の当たりにしていると、痛風が一般的になりつつあるのも、なんだか頷けますね。

他には、遺伝的なものが考えられます。

痛風は、親から子へと遺伝する病気です。

親が痛風だと、子供も痛風になる可能性が高いと言われています。

親が痛風だった場合は、気を引き締めて生活習慣を正す様に、心がけましょう。

また、血液の病気や、薬の副作用が原因の場合もあります。

糖尿や肥満などの生活習慣病も、痛風を引き起こす原因になります。

何れにせよ、ストレスや不規則な生活習慣は、様々な病気に繋がります。

今一度、ご自分の生活習慣を見直してみては、いかがでしょうか?