痛風の原因、高尿酸血症とは?

血液中の尿酸が増えすぎると、高尿酸血症となってしまいます。

この高尿酸血症こそが、痛風の引き金になるのです。

もともと、尿酸は水分に溶けにくい性質を持っています。

血液中では尿酸塩と言われる物質として存在していますが、この尿酸塩が多すぎると、やがて結晶となって血液中に蓄積します。

この尿酸塩の結晶が、血液に乗って体中に広がり、関節などにくっついて炎症と痛みを引き起こしてしまうのです。

ちなみに、尿酸の原因となる物質が、プリン体と言われている物質です。

ビールやお肉などに多く含まれている物質です。

このプリン体ですが、私達の体の中でも、毎日生成されているのです。

ですので、飲酒やお肉ばかりの食生活で、プリン体を多く含む食品ばかりを摂取していると、体内で生成されるプリン体も多くなり、尿酸が増えてしまうという仕組みなのです。

高尿酸血症では、痛みなどの症状は無く、無痛です。

尿酸が多くなる事によって引き起こされる痛風などの病気により、痛みを伴う症状が発症するのです。

ですので、高尿酸血症と疑われたら、早期の治療が最も大切と言えるでしょう。

痛風と高尿酸血症の関係

痛風と高尿酸血症は、全く別の病気です。

ですが、高尿酸血症を患う事により、痛風になるリスクも高まります。

痛風と高尿酸血症の関係について、ご説明していきましょう。

まず、痛風は尿酸が溜まりすぎてしまう事が原因とされています。

尿酸は水に溶けにくい性質を持っている為、血液中で増えてしまうと、段々と結晶化していき、関節などにくっついてしまいます。

この尿酸の結晶こそが、痛みや腫れを引き起こす原因となるのです。

この血液中に尿酸が増えすぎる事を、高尿酸血症と言います。

したがって、高尿酸血症を疑われたら、痛風のリスクも高くなる訳なのです。

もちろん、高尿酸血症だから言って、必ず痛風になる訳ではありません。

定められた尿酸値の基準を越しても痛風にならない人も居れば、基準値内なのに、痛風になる人も居ます。

体質や遺伝による発症も大きいですが、高尿酸血症は痛風のベストフレンドだと言う事は、お忘れなく。

定期的に健康診断を受け、高尿酸血症の疑いが出た時点で、治療を始める事です。

早期発見・治療に務める事により、痛風の発症リスクもぐっと下がるのです。

高尿酸血症と痛風は、非常に深い関わりを持っているのですね。