痛風の原因になる「尿酸」とは?

痛風は、痛風の原因で述べたように尿酸が増えすぎる事により引き起こされる病気です。

尿酸とは、新陳代謝やエネルギー消費などに使われた細胞が、分解されて最終的に排出される物質で、いわば老廃物の事なんです。

尿酸はプリン体という細胞核から生成されます。

毎日の新陳代謝や、エネルギー燃焼により分裂した細胞の核は、プリン体へと変化します。

プリン体が更に分解され、これ以上分解出来ない細胞を尿酸として、体外へ排出する仕組みになっているのです。

いわば、尿酸は体のサビっていう事なんですね。

食べ物の中にも、プリン体は含まれています。

食べ物から体内に取り入れられたプリン体も、同じように尿酸に分解され、老廃物として体外に排出されるのです。

この尿酸は、水に溶けにくい性質を持っている為、血液中で尿酸塩として存在しています。

尿酸が体外へ上手く排出出来ないと、体の中にどんどん尿酸が溜まって行きます。

溜まっていった尿酸は、次第に結晶化し、血液の流れに乗って関節などに定着し、炎症や痛みを引き起こしてしまうのです。

痛風の原因になる「プリン体」とは?

痛風は、尿酸の増えすぎにより引き起こされますが、その尿酸の元となるのがプリン体なのです。

プリン体とは、新陳代謝や運動エネルギーなどで分裂した細胞の核の事です。

この核が更に分解され、これ以上分解できなくなった時に、尿酸という老廃物として、体外に排出されます。

なので、暴飲暴食などで身体エネルギーを多く使うと、それだけプリン体も生成される事になり、尿酸が増えるキッカケにもなるのです。

このプリン体は、乳製品以外のすべての食品に含まれています

特にプリン体が多いとされているのは、レバーやビール、いくらやタコなど、細胞数の多い食品に含まれています。

お酒を飲む人、特にビールを好んで飲む人は、痛風になりやすいとも言われています。

これは、ビールに含まれるアルコールが、尿酸値を上げる作用がある為なのです。

ですが、食物中に含まれるプリン体のほとんどは、腸内で分解・排出されてしまいます。

尿酸を作り出す多くの原因は、体内中のプリン体の生成によるものだったのです。